2023年12月17日

【保護活動】ボクらはPeaceなWankoたち②くらのすけ

「くらのすけ」は、 2021年11月16日に広島県内の動物愛護センターから助け出されて、ピースワンコにやってきました。当時、推定2歳でした。

「くらのすけ」は警戒心が強く、人が怖くて歯が出てしまう子でした。人馴れトレーニングをする時も、いつもと違う雰囲気に興奮して噛みつこうとするため、スタッフは手袋をしてトレーニングを行います。無理やりいう事をきかせようとせず、先ずは落ち着かせることが大切です。

リード練習も拘束されて首が閉まってしまうことに不安を感じやすいので、「大丈夫だよ、偉いね、可愛いね」と優しく声をかけながら撫でて落ち着かせます。トレーニングをやりすぎるとリード自体を嫌いになってしまうので、ゆっくりと少しずつが大事です。

それから3週間後…。初めのころの緊張感がなくなり、だいぶ触れるようになりました!何回も何回も同じように繰り返し、完全に馴れるまで続けることが大切です。

そして更に2週間後、お散歩練習が始まりました。初めての練習では緊張して、スタッフに歯が出てしまいましたが、10分ほど優しく撫でると落ち着いてくれました。まだまだトレーニングを続けます💪

トレーニングを始めてから遂に5か月後…変化が!本当に元野犬?!と疑ってしまうような「くらのすけ」の姿がありました!!

お散歩も尻尾を上げて、悠々と歩きます。今では譲渡会にも参加していて、ずっとの家族を募集しています👪何があっても絶え間ない愛情を与えれば、犬は人を信じて変わってくれます。

ピースワンコには、犬と人との共生を目指し生まれた「PeaceなWankoたち」が家族との出会いを待っています!ぜひ会いに来てくださいね🐶

☆里親募集中のワンコたち
https://peace-wanko.jp/hogoken/

 

 

▽ ワンコを幸せにするために「ワンだふるサポーター」でご支援お願いします。▽

 

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で「殺処分ゼロ」へ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]
  • 終(つい)の住処になるー終生預かりボランティア制度ー

    目次預かるという選択ケアボラ制度預かり先の声岸さんとポップ(13歳)シニアならではの落ち着きペット葬の現場から得た思い大久保さんと朱雀(15歳)「もしも」の先に備えて期待と不安とこの子にしてあげたいことケアボラというパー […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家と […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
「殺処分ゼロ」を実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。