2022年12月27日

6年間、仲間の卒業を見送ってきた「おさむ」卒業! supported by Yogibo

「おさむ」は推定3歳頃、ピースワンコの仲間になりました。それから6年の歳月が流れ、多くの仲間たちの卒業を見送ってきました。2022年11月11日、「おさむ」にもついにこの日がやってきました!

「おさむ」はおとなしい性格で、お昼寝とお散歩に行くことと、オヤツが大好きでシャンプーも嫌がりません。でも、お散歩で匂いを嗅ぐのが楽しくて満足するまで進まなかったり、お散歩から帰るのを嫌がって固まって動かなかったり、「おさむ」なりの強いこだわりを持った一面もあります。

普段は穏やかな「おさむ」ですが、元野犬のせいかとっても怖がり。怖いと思うと仁王立ちしたまま全く動かなくなることもあるため、お世話をしていたスタッフは年齢なども考慮して譲渡は難しいかもしれない、と思っていました。

そんな「おさむ」にお声がかかったのは10月23日の譲渡会。里親様は元々別のワンコが気になってこれまで何度もピースワンコに足を運んでくださっていましたが、スタッフがこの里親様には「おさむ」がぴったりなワンコなんじゃないかと、紹介したのが始まりでした。

里親様は、8年前に一緒に暮らしていたシェルティが癌で12歳の時に旅立ってからは、ペットロスで犬はもう飼いたくないと思っておられたそうです。ですがお子様たちが進学などで家を離れた後、保護犬をお世話したいと思ってくださり先代犬のかかりつけの動物病院に相談してホームページで調べ、ピースワンコを見つけてくださいました。

里親様と初めて会った時、怖がりな「おさむ」は里親様から撫でてもらうのを嫌がらず、オヤツも食べることが出来ました!そこからはトントン拍子にお話が進みました。里親様は何度も「おさむ」に会いに来てくださり、11月11日に卒業が決まったのです!「おさむ」の卒業の様子、ぜひ動画からご覧ください。

・ピースワンコTV(4分25秒)

※「保護犬が、ゆるんでいく」プロジェクト
日本の犬の「殺処分ゼロ」を目指すピースワンコは、人に懐かないという印象を持たれやすい保護犬でも一緒に暮らせて、リラックスした表情を見せてくれるというメッセージを発信するため、Yogibo とともに「保護犬が、ゆるんでいく」キャンペーンを展開しています。詳しくは、こちら

 

<ふるさと納税でご支援お願いします>

私たちの活動は、皆さまからのご寄付で支えられてています。けれど、2023年度も活動を続けるための資金が足りません。運営費の半分は「ふるさと納税」からのご支援で支えていていただいていますが、2022年12月26日現在、目標額の約53%しか集まっていません。「シロ」のように病気を抱えている子たちの治療費や、ワンコたちの毎日の食費やワクチン接種などの医療費、そして定期的に動物愛護センターから保護してピースワンコに加わる新しい保護犬たちの検査費用や避妊去勢手術の費用、マイクロチップの設置費用など、殺処分から「命」を救って幸せにするために、1年で約10億円もの運営費がかかっています。
度重ねてのお願いで大変心苦しい限りですが、どうかご無理のない範囲で、ワンコたちのためのご寄付をしていただけないでしょうか。
ふるさと納税」からご寄付いただくと、2,000円を超えた寄付金額が税控除対象となり、実質2,000円のご負担で、ワンコたちの命を助けることができます。
ふるさとチョイスのWEBページから広島県の神石高原町への「ふるさと納税」を通してピースワンコ・プロジェクトへの寄付手続きが2022年12月31日までに完了すると、2023年度の所得税や住民税から控除(所得等により控除限度額あり)されます。どうかご負担の少ない「ふるさと納税」からのご支援を、ご無理のない範囲で何卒よろしくお願いいたします。
◇ホームページ記事も併せてご参照ください
ピースワンコホームページ/journal

▶ピースワンコへは「企業版ふるさと納税」からもご寄付いただけます。
企業版ふるさと納税は正式名称を「地方創生応援税制」といい、企業が自治体に寄付をすると税負担が軽減される制度です。「企業版ふるさと納税」を通して10万円以上のご寄付をしていただくと、最大9割まで税控除されます
企業・団体の皆さまはぜひご活用ください。
 →企業版ふるさと納税に関するお申込み・お問い合わせはこちらsales@peace-winds.org)まで!

 ◇ 参考|外部サイト:地方創生推進事務局-企業版ふるさと納税
◇ ピースワンコ・ホームページ記事:ピースワンコホームページ/journal

▼ふるさと納税でご支援をお願いいたします。

 

 

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。 2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家 […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]
  • 卒業4000頭目!「ごーちゃん」卒業!

    2023年10月29日、ピースワンコでは記念すべき卒業4000頭目のワンコ「ごーちゃん」が、岡山譲渡センターから里親様の元へ卒業していきました! 2023年3月14日に保護された「ごーちゃん」は、当時、推定1歳くらいの野 […]
  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で殺処分ゼロへ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
殺処分ゼロを実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。