2023年6月13日

動物愛護センターで「キケン」と隔離されていたガウガウ犬

2023年4月25日。私たちが広島県の要請で動物愛護センターに引き出しに行ったとき、プレートに「キケン」と書かれて隔離されていた犬がいました。

プロジェクトリーダーの安倍誠は、ガウガウ犬に「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と優しく声をかけながら持参したケージへ誘導。ガウガウ犬は自分からスムーズにケージへ入りました!

「危ない犬なんかいないですから。警戒して怖くて、自分の身を守ろうとして唸ったり歯を剥いたりするだけ。いままで7000頭以上保護したけれど、人に馴れなかった子はいないので、この子も絶対に馴れますよ。馴れない犬はいない。犬は純粋だから、愛情を与えたら必ず懐いてくれます」 安倍はそう語ります。

ガウガウして手に負えない、と言われていたワンコは「狗巻(いぬまき)」と名付けられました。全身毛玉だらけで首輪もボロボロ。安倍が丁寧に外して、新しい首輪をつけました。「狗巻」の第2の犬生の始まりです!

先ずは健康状態を万全にして、家族の元で幸せになってもらえるように、時間と愛情をかけて献身的にお世話をしていきます。「狗巻」が保護された時の様子や安倍の想い、ぜひ動画からご覧ください。
・ピースワンコTV(8分12秒)

 

※「狗巻」が、保護されて約4ケ月経ちました。最近の様子を、Instagramでご紹介しました。こちらもぜひご覧ください。(2023年9月22追記)

 

▽ ふるさと納税でご支援お願いします▽

 

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家と […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]
  • 卒業4000頭目!「ごーちゃん」卒業!

    2023年10月29日、ピースワンコでは記念すべき卒業4000頭目のワンコ「ごーちゃん」が、岡山譲渡センターから里親様の元へ卒業していきました! 2023年3月14日に保護された「ごーちゃん」は、当時、推定1歳くらいの野 […]
  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で「殺処分ゼロ」へ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
「殺処分ゼロ」を実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。