2023年8月17日

ロコ・ソラーレ鈴木夕湖選手より、世界のチャリティカレンダーを通じてピースワンコ・ジャパンへご寄付をいただきました!

世界のトップカーリング選手が自らの意志で寄付先を決め、行動し、社会へ貢献をするチャリティカレンダープロジェクトである「Curling Cares Calendar」。
昨年度に販売した「Curling Cares Calendar 2023」ではフォルティウス所属の小野寺佳歩選手とともにロコ・ソラーレ所属の鈴木夕湖選手が選ばれています。

鈴木選手は幼少期からずっと犬と共に暮らしている大の犬好きであり、ロコ・ソラーレオフィシャルブログでも「だいず」という名の愛犬と家族との日常を公開しています。
「愛犬が家族として身近な存在である中で、世界には飼育放棄や殺処分などが起きている現状を知り心を痛めていた。寄付先は動物保護団体にしようと決めていた。」とのこと。

寄付先となったピースワンコ・ジャパンは、2012年から広島を拠点として活動を開始し、殺処分の対象となり行き場を失った犬たちの保護・譲渡活動をしている団体です。
約10年前では全国の犬猫の殺処分数は16万頭以上にのぼり、団体が拠点を置く広島県は当初から野犬が多く最多の殺処分数でした。人に懐きにくいとされる野犬や、高齢であったり持病がある犬は行政では手に負えず殺処分の対象となっていました。

ピースワンコ・ジャパンではこうした行き場を失った犬たちを引き出し、これまでに7,500頭以上の命を救い、3,500頭以上のワンコたちを新しい家族となる里親との出会いに繋げてきました。当初は全国ワーストの殺処分数であった広島県も、2016年以降は今日に至るまで殺処分機の稼働を止め続けることが出来ています。

鈴木選手は都内にある同団体の世田谷譲渡センターを訪問し、チャリティカレンダーの販売を通して得た利益の750,934円を寄付金として贈呈しました。
譲渡センターでは活動の様子やこれまでのストーリーを聞きながら、元野犬である里親募集中のワンコたちとふれあいました。

「実際に話を聞いて殺処分の現状をより深く知り、”全国の殺処分ゼロ”という大きな目標に向かって一歩ずつ前進していることに感銘を受けた。カレンダープロジェクトを通して関われたことが嬉しい、幸せになるワンコが少しでも増えてくれたら。」と想いを語りました。

昨今では全国各地域の行政や保護団体の努力により、現在の犬の殺処分数は年間2,739頭(2021年度、環境省)にまで減少し、ここ近年でも過去最少値を更新しています。

ピースワンコ・ジャパンは9か所目となる新しい譲渡センターを現在建設中で、今後は更なる譲渡の促進と保護犬の啓発に注力し、広島県から日本全国へと活動を広げていきます。
人とワンコが幸せに暮らせる社会を目指し、”全国の殺処分ゼロ”を達成するその日まで、最後の砦となってこれからも活動を続けます。

 

■ロコ・ソラーレと鈴木夕湖選手について

ロコ・ソラーレ(Loco Solare)は北見カーリング協会に所属し、アドヴィックス常呂カーリングホールに練習拠点を置く、2010年に結成された日本を代表する女子カーリングチームです。
鈴木夕湖選手はセカンドのポジションを担い、2022年・2023年と続いて日本カーリング選手権大会での優勝、冬季オリンピックでは2018年平昌オリンピックでの銅メダル・2022年北京オリンピックでの銀メダル獲得へと導きました。URL:https://locosolare.jp/

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家と […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]
  • 卒業4000頭目!「ごーちゃん」卒業!

    2023年10月29日、ピースワンコでは記念すべき卒業4000頭目のワンコ「ごーちゃん」が、岡山譲渡センターから里親様の元へ卒業していきました! 2023年3月14日に保護された「ごーちゃん」は、当時、推定1歳くらいの野 […]
  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で「殺処分ゼロ」へ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
「殺処分ゼロ」を実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。