2023年11月9日

2023年も「卒業犬同窓会」を開催し、220頭と約500名のご家族が神石高原町に里帰りしました!

犬の日から数日後の11/3(金祝)、今年もピースワンコから卒業したワンコと里親になってくださった皆さんが神石高原町に里帰りしてくださいました!
来場数は昨年よりも上回り、220頭と約500名のご家族のご参加となりました。

今年の10月末にはピースワンコからの卒業犬が4000頭目を迎え、これまでに4000通りの”第二の犬生”が生まれました。
それは私たちの活動の先に、保護犬を家族に迎えてくださったあたたかいご家族がいてくださったからこそ出来たことです。

目が見えないワンコ、身体が不自由なワンコ、ビビりまくりの元野犬ワンコ、飼育放棄され愛を知らなかったワンコ…
色んなワンコ達が、それぞれのご家族と共に幸せそうな笑顔を見せに帰って来てくれました。

犬舎にいた頃よりも、何倍も生き生きとした表情と元気な姿を見せていただき、スタッフ一同本当に幸せな気持ちになりました!
また、同じ時期に保護されたきょうだいワンコ達や、同じ犬舎で過ごしたルームメイトたちの再会もあり、ワンコたちも喜んでいるようでした。

もともと野犬が多いピースワンコの保護犬たちは、施設での人馴れトレーニングやお散歩練習を経たうえで里親様との出会いにつなげていますが、それでもまだビビりなワンコが多いです。
そんなワンコ達をそれぞれの里親様があたたかく家族として迎えてくださり、日常を共に過ごして愛情を注いでくださることで、こんなにもワンコ達が幸せそうになるのだと改めて実感いたしました。

ピースワンコの「ワンコとヒトの幸せのために」というスローガンが、これまでの4000頭の卒業実績を以って、社会に発信出来ていると思っています。
これからも一頭でも多くの命を救い、保護犬を家族に迎える選択肢を社会に拡げ、全国の「殺処分ゼロ」を達成するべく全力で活動してまいります!

改めましてご来場くださった皆様、いつも幸せにしていただいて本当にありがとうございます!
そして、そのすべての活動を日頃から支えてくださっている全国のご支援者様にも、深く感謝いたします。
これからも「PeaceなWanko」を増やせるよう、どうぞお力添えのほどよろしくお願いいたします!

 

ピースワンコは、皆さまからのご寄付だけで活動しています。一頭一頭に寄り添ったお世話ができるのも、皆さまからのご支援のお陰です。これからもワンコの命を守る活動を続けていくために、「ふるさと納税」からのご支援をよろしくお願いいたします。

\ ふるさと納税で支援する /

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で「殺処分ゼロ」へ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]
  • 終(つい)の住処になるー終生預かりボランティア制度ー

    目次預かるという選択ケアボラ制度預かり先の声岸さんとポップ(13歳)シニアならではの落ち着きペット葬の現場から得た思い大久保さんと朱雀(15歳)「もしも」の先に備えて期待と不安とこの子にしてあげたいことケアボラというパー […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家と […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
「殺処分ゼロ」を実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。