2024年2月21日

元野犬の保護犬と暮らすヒント~「ごま」の物語~

※里親様ご提供写真

 
 
2019年4月23日、ピースワンコに保護された生後3週間くらいの野犬の子犬「ごま」(元クミン)。数か月後に優しい里親さまご家族と出会い、9月22日に湘南譲渡センターから卒業していきました。卒業してから約4年半。里親さまご家族と「ごま」のエピソードをご紹介します。
 

※里親さまご提供写真

 

「ごま」をお迎えした頃

お家に迎えたばかりのとき、「ごま」はお部屋の隅やテーブルの下に隠れていて、日中はほとんど気配を消して過ごしていたそうです。里親さまご家族は、「ごま」を怖がらせないように、できるだけ大きな音をを立てないように気を付けて生活しておられました。

いつもクレートの中で寝ていた「ごま」ですが、少しずつお家に慣れていき、ある時、里親さまがお布団を敷くと「ごま」が上に乗ってきたそうです!お布団が気持ち良かったのか、その日から一緒に寝るようになり、距離が一気に近くなりました。

お散歩も、最初は怖いものがたくさん。苦手なものに遭遇すると、パニックになって後ろへグイグイと強く引っぱっていたそうです。里親さまは、いろいろな人からアドバイスしてもらい、「ごま」がパニックになった時は、短めにリードを持って足元にくっつけて座らせたり、怖いモノや苦手なモノと「ごま」の間に身体を入れて「ごま」の視界から怖いモノが見えないようにして優しく声を掛けたり。教えてもらったことを繰り返し行いました。そのお陰で「ごま」は、本当に少しずつですが、克服できるようになっていき、半年ごとくらいに、成長が分かる著しい変化が生じたそうです。
 

 

小さな家族との出会い

「ごま」が里親さまと家族になってから、1年8ヶ月経った頃、近所の迷い猫だった「メイちゃん」が家族に加わりました。里親さまが「メイちゃん」を抱っこして、初めての顔合わせしたところ、2頭はとても遊びたそうにしており、翌日には仲良くじゃれあって遊んでいたそうです。
ピースワンコ出身のワンコは、猫がいるご家庭に譲渡したり、「ごま」のように後から猫をお迎えしている家庭にいる子も多いですが、みな仲良く暮らしています。元野犬の子は、控えめで優しい気質の子が多いので、他の猫との相性も合いやすいのかもしれません。
 

※里親さまご提供写真

 

さらに約1年後、トイプードルの「モコちゃん」も家族に加わりました。かなり大きさの違う2頭ですが、2頭ともすぐに仲良しに、一緒に遊びながら、面倒見の良い「ごま」が負けてしまう事もあるそうです。お散歩がまだ少し怖かった「ごま」も、「モコちゃん」と一緒だと安心するのか、上手に歩けるようになりました。
 


※里親さまご提供写真

 
 
「元野犬の保護犬を家族に迎えて一緒に暮らしてみると、一緒に乗り越えられることも多く、お互いに成長しているなと感じます。保護犬に少しでも興味が湧いたら、先ずはワンコに会いに行って欲しいと思います」

「ごま」の里親さまは、そうおっしゃってくださいました。犬を家族に迎えたいと思った時、「保護犬を迎える選択肢」を選んで頂きたいと思います。そして、元野犬の子が多いピースワンコの保護犬たちに会いに、お近くのシェルターや譲渡センターにお越しください。皆さまとお会いできるのを、ワンコと一緒にお待ちしています!
 

※里親さまご提供写真

 
 

 

 

 

 

※ピースワンコは、皆さまからのご寄付だけで活動しています。一頭一頭に寄り添ったお世話ができるのも、皆さまのご支援のお陰です。ワンコの命を守る活動を続けていくために、ご支援をよろしくお願いいたします。

\ 命を救い、幸せにするために /

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家と […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]
  • 卒業4000頭目!「ごーちゃん」卒業!

    2023年10月29日、ピースワンコでは記念すべき卒業4000頭目のワンコ「ごーちゃん」が、岡山譲渡センターから里親様の元へ卒業していきました! 2023年3月14日に保護された「ごーちゃん」は、当時、推定1歳くらいの野 […]
  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で「殺処分ゼロ」へ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
「殺処分ゼロ」を実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。