2024年5月29日

緊張!くくり罠で命の危機!滞在10分で動物愛護センターから保護

2024年4月24日、動物愛護センターから神石高原シェルターに「くくり罠にかかった犬が保護された。このままだと命にかかわるので早く迎えに来て欲しい」と緊急引き出し要請が入りました。

メールで送られてきた写真をみると、罠に締め付けられていた両後ろ足に壊死が始まっていて、かなり重症です。一刻も早く引き出さなけれは、命が危ないかもしれません。スタッフは緊張した面持ちで、片道2時間かかる動物愛護センターへ車を走らせました。

くくり罠は、農作物を荒らす鹿や猪などを捕獲するために野山に設置されている罠です。動物が仕掛けを踏むとバネが跳ねて、足をワイヤーで締めて捕獲する仕組みです。動物たちの足にかかったワイヤーは、暴れれば暴れるほど深く食い込んで締め付けるため、くくり罠にかかって瀕死の重傷を負う子が後を絶ちません。

動物愛護センターに保護されたワンコは、捕獲時はかなり暴れたそうですが、ピクリとも動きません。抗生剤などを加えたご飯もほとんど食べていないとのことでした。

スタッフが抱き上げようとすると、人間に怖いことをされた経験があるのか、力を振り絞って歯を剥きながら抵抗してきました。でも想いは伝わるのでしょう、すぐにおとなしくなってくれました。

神石高原シェルターに到着後、この子は「ライチ」と名付けられ、駆け付けた獣医師が数時間に及ぶ処置を行いました。けれど傷の状態が悪すぎて、4月30日、右後ろ足の断脚手術を行いました。片足になってしまいましたが命の危機は去り、容体も安定しています。「ライチ」の緊急保護の様子、ぜひ動画からご覧ください。

・ピースワンコTV(9分12秒)

※ピースワンコは、皆さまからのご寄付だけで活動しています。一頭一頭に寄り添ったお世話ができるのも、皆さまのご支援のお陰です。ワンコの命を守る活動を続けていくために、ご支援をよろしくお願いいたします。

\2分で申込完了/
ワンだふるサポーター申込フォームへのボタン画像です

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で「殺処分ゼロ」へ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]
  • 終(つい)の住処になるー終生預かりボランティア制度ー

    目次預かるという選択ケアボラ制度預かり先の声岸さんとポップ(13歳)シニアならではの落ち着きペット葬の現場から得た思い大久保さんと朱雀(15歳)「もしも」の先に備えて期待と不安とこの子にしてあげたいことケアボラというパー […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家と […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
「殺処分ゼロ」を実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。