2024年6月15日

人馴れトレーニングで“殺処分ゼロ”へ。大阪府堺市と官民連携始まる

2024年5月15日大阪府堺市に、保護犬のための新たな制度が誕生しました。堺市のホームページに掲載されたのは「犬の馴化ボランティアの募集について」。これは一体、どのような制度なのでしょうか?

堺市「犬の馴化訓練ボランティアの募集について」

「ウォンバット」が保護されるまで

自治体によっては、保護しても犬の人馴れがうまくいかず、譲渡会などに出ることができないまま猶予期限がきて、殺処分されてしまうワンコが数多くいます。

そんなことがあってはならないと、堺市動物指導センターが始めたのが“犬の馴化ボランティア”という制度。なかなか人に馴れない保護犬を、審査を経たボランティアに預けてトレーニングを行い、ある程度人馴れが進んだ段階で再び動物指導センターに戻してもらい、譲渡に繋げるという制度です。

特筆すべき点は、多くの人が殺処分を行う施設としてイメージされがちな「動物指導センター」「愛護センター」が、新たに「保護した犬を譲渡に出すための施設」に生まれ変わることを高らかに宣言したこと。そして、この制度のスタートに、ピースワンコは大きく関わることになりました。

ワンコの名は、「ウォンバット」。推定13歳。4年前に多頭飼育崩壊の現場から命を救われ、堺市動物指導センターに保護されました。すでにシニアを迎えていたウォンバットは、人を全く信用せず、触ろうとすれば逃げ回り、時には歯を見せることも。

堺市動物指導センターでは、保護犬を譲渡に繋げるために、これまで保護活動と同時にワンコたちの人馴れトレーニングも進めてきましたが、忙しい仕事の合間に行うトレーニングには限界がありました。

そこで白羽の矢が立ったのが、ピースワンコでした。不思議なご縁で結ばれた堺市とのタッグで、全国でも珍しい“馴化トレーニングボランティア“制度を立ち上げることになったのです。

保護犬の譲渡を進める新たな形。堺市×ピースワンコ”で仕掛ける新しい取り組みとは

ピースワンコが今回の堺市とタッグを組むことになった発端は、昨年、堺市に住むピースワンコの支援者からのお申し出でした。

「譲渡会をこちらで開きませんか?」

ピースワンコでは、保護犬を里親様に繋ぐため、様々な場所で譲渡会を開催しています。その会場探しは決して容易ではなく、今回お申し出のあった堺市は生駒譲渡センターからも近いことから、とてもありがたいお話しでした。

家のリビングと同じような空間で人馴れを進める。猫のエリアは、すでにその取り組みをスタートしている

譲渡会は、5月に行われる市主催のイベントに決定。その打ち合わせを続けるうちに、堺市の職員の方が「せっかくなら、堺市動物指導センターと一緒にイベントに参加しませんか?」とお声がけいただき、動物指導センターの職員の方々とお会いすることに。そこで相談されたのが、なかなか人馴れが進まないワンコたちのことでした。

「堺市動物指導センターは、命の期限は設けない」と、大橋獣医師は言います。

「今は、老朽化している施設だが、近い将来、建て替えのときには、市民の方が、気軽に保護している犬や猫を見学に来て、触れ合えて、里親になりたいと希望してくださるような、オープンな施設にする」とのこと。

「保健所は、処分するところ、と思われているが、そうではない新たな形を示したい」
「最近は、飼い主が亡くなるなどして、行き場がなくなった犬、特にシニア犬を引き取ることが多いが、市民の方々に譲渡するために、尽力したい」
「現在、人馴れを全くしないシニアのワンコが3頭いる。このままでは、譲渡に繋げることができない。この子たちをなんとかしてあげたい。ご協力いただけないか?」

そうした思いを伺い、ピースワンコは全国殺処分ゼロを目指すための新たな取り組みとして、馴化トレーニングのためにウォンバットをお預かりすることになったのです。

ピースワンコは、広島県愛護センターから引き出した元野犬の人馴れトレーニングを行い、里親さんのもとへと命を繋いでいます。そこで経験を積んだ譲渡センターのスタッフたちも多く、全国8箇所あるセンターで、日々、ワンコたちのお世話とトレーニングを続けています。

今回、生駒譲渡センターのスタッフが、人馴れトレーニングを通して堺市に協力し、譲渡に繋げるお手伝いをすることは、ピースワンコにとっても新たな挑戦です。

ピースワンコで譲渡促進を担うマネージャー上谷祐実は、「お互いの得意分野を活かしながら、新たな行政との連携で、殺処分ゼロへ引き続き取り組んでいきたい」と話します。

「ウォンバット」トレーニングの成果は?

そして、ついにウォンバットは、4年間暮らした堺市動物指導センターを離れ、生駒譲渡センターへ移動することに。聞けば、健康チェックと共に、毛刈りもしたそう。果たして……

▽ ワンコを幸せにするために「ワンだふるサポーター」でご支援お願いします。▽

\2分で申込完了/
ワンだふるサポーター申込フォームへのボタン画像です

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 保護犬を家族に迎える文化を。官民一体で「殺処分ゼロ」へ!

    ピースワンコは広島県の要請のもと、往復4時間かけて定期的に動物愛護センターへ通い、殺処分対象の犬たちを引き出しています。愛護センターは飼育放棄犬や野犬で溢れかえっており、私たちは怖がりな野犬や咬傷犬など、愛護センターでの […]
  • 終(つい)の住処になるー終生預かりボランティア制度ー

    目次預かるという選択ケアボラ制度預かり先の声岸さんとポップ(13歳)シニアならではの落ち着きペット葬の現場から得た思い大久保さんと朱雀(15歳)「もしも」の先に備えて期待と不安とこの子にしてあげたいことケアボラというパー […]
  • 【遺贈寄付】故人の想いが込められた浜松譲渡センター

    目次ひとりからみんなで犬のぬいぐるみと一緒に犬たちにできること東海で最大の取り組みを「静岡のワンコたちも救う」苦労も超えるオープンに向けて ひとりからみんなで イギリスの音楽家のジョン・レノンは 「ひとりで見る夢はただの […]
  • 保護犬を迎えて 片桐家の「ちゃこ」と「はな」

    目次スイートホームちゃことはな犬のいない散歩なんてコキア色のちゃこはなのお迎え愛すべきギャップ「なんなんだ?」といえる愛 スイートホーム 芸人、俳優、造形作家と、多彩に活躍する片桐仁さん。2頭の保護犬と共に暮らす愛犬家と […]
  • 手のひらと肉球をつなぐもの

    目次春雷と愛犬音響トレーニング雷の轟音をやり過ごす方法雨宿りの思い出ずぶ濡れでなぜ悪い犬と暮らせば勇気だって湧いてくる 春雷と愛犬   春雷、という言葉がある。 春の到来を伝える雷ともいわれ、 雷鳴に驚き、冬眠 […]

Supportご支援の方法

「里親になるのは難しい...」 という方にも、様々なご支援をいただいており、
「殺処分ゼロ」を実現するためにはあなたのご支援が必要です。
寄付、ふるさと納税を使ったご支援、ボランティア、物品寄贈など、あなたにあった方法でご検討ください。